Repairing

人気の機器

エコキュートの歴史や変遷

エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用し空気の熱でお湯を沸かすことのできる電気給湯機であります。 このエコキュートの本来の名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」であります。 この歴史はまだ浅く、2001年にコロナ社が開発したエコキュートが第一弾となります。 現在は約400万台程度が普及しているという状況であります。 販売メーカーとしては、業務用、家庭用を含め30社以上の企業が参画しております。 このエコキュートのメリットとして、様々なメリットがありますが、 お湯の質を良くするですとか、給湯する機能はヒートポンプの技術のため、省エネルギーである。 また、タンクに貯めることができるため、災害時の一時貯水としても役に立つなど、 様々なメリットがあります。

今後の動向についての予測

エコキュートには様々なメリットがありますが、デメリットも存在します。 デメリットとしては、エコキュート単体が高価な商品ということです。 また、低周波騒音等もデメリットに挙げられます。 今後の動向としては、このようなデメリットを技術等によりなくなっていくと考えられます。 今、現在はエコが見直され、様々な政策があります。 これらの政策などの一部にエコキュートの割引等が含まれたりすると、利用者は増えていきますし、 利用者は増大すると思います。 たとえば大型のマンションなどにもエコキュートを採用することによりマンション住民のコストを 下げられたりも可能かもしれません。 今後、エコキュートの性能があがり、大容量化等が行えれば身近なものになるかもしれません。